アゴ削りの特徴について

フェイスラインを整えるアゴ削りの特徴

近年美容に関する意識の高まりから、アゴ削りをしてみたいと考えている人も増えてきています。
えらが出ていることに悩んでいる、頬骨が気になるなどといった悩みを抱えている場合にアゴ削りを行うことで、すっきりとした印象になり美しい外見を手に入れることができます。
自分のアゴにコンプレックスを抱いているという人などに利用されている施術のやり方です。
似たような言葉に骨切りと呼ばれるものがありますが、骨切りと骨削りでは本質が異なります。
中抜きとも呼ばれる骨切りとは違い、微妙に右と左の長さが異なる場合や顎の先を短くしたいときなどに医療用として使用されているグラインダーと呼ばれるものを使ってその箇所を削っていきます。
顎の先が前に飛び出ている場合や大幅に後退している場合、長すぎる顎を短くしたいといったときは、たくさん削ったとしても限界があるため自分の思うようなスタイルにすることができないこともあるでしょう。
こういった場合に有効な方法が骨切りです。
限界という言葉は、解剖学の観点から造形上難しいときと量的にできないことを意味しています。
構造上必ずしも必要ではない下顎骨の中間に位置している部分を切りぬくことで短くし、それが終わった後に顔のラインを慎重に削りながら滑らかにしていきます。
簡潔に言うと、アゴ削りの場合は前のほうに出ている出っ張りを減少させる手術のことを意味しており、骨切りの場合は顎の長さを短縮するための手術のことです。
切る場合は種類が豊富で、一人一人に合ったやり方で行っていくことになります。
本来持ち合わせている大きさや形状、頤神経がどこに位置しているのかなどといった様々な要因から判断し、患者様の要望を取り入れて相談しながら術式を決めていくということが一般的です。
アゴ削りには大きく分けて方法が二種類存在します。
それぞれ特徴や内容などが異なってくるので、まずは担当医に相談して自分がどのタイプで施術を行うべきかを慎重に判断することが大切です。
大きさや形状などは患者様ごとにばらつきがあるので、自分の理想としているフェイスラインを手に入れたいと考えている場合はじっくりと検討してから決定するようにしましょう。

フェイスラインを整えるアゴ削りの特徴 : 顔の特徴に合わせた治療方法 : 長すぎるアゴを女性らしく変化させる